ビットフライヤーの口座開設は難しい?

何かと話題になる仮想通貨ですが、ビットフライヤーをご存じですか?国内でも大手の仮想通貨取引所であり、有名なビットコインなどを取り扱っているので、広告で見たことがあるかもしれませんね。

 

 

もちろん、利用するにはアカウントを作成しなければなりません。よって、ここでは、個人によるそのビットフライヤーのアカウント作成手順その他をご紹介します。

 

 

ビットフライヤーの口座開設手順を解説

では、ビットフライヤーのサイトに行ってみましょう。まずは、そのサイトにあるアカウント作成画面を開きます。と言っても、最初はその画面になるはずです。

 

 

以下のような場所が確認できると思います。もちろんココから登録をしていきます。見た目でどこから登録をするか大体分かりますよね。

 

 

 

 

そこで登録したいメールアドレスを入力して、アカウント作成ボタンをクリックしてみてください。また、Facebook、Yahoo!ID、Googleのどれかのアカウントを持っている場合は、それらに登録されているメールアドレスからビットフライヤーのアカウントを作成できます。

 

 

画面にそれぞれボタンがあるので、利用したい場合はそのボタンをクリックしましょう。またココでは一般的な「メールアドレスでの登録」を想定して手順を解説していきます。

 

 

メールアドレスの登録が問題なければ、初めに登録したメールアドレスにアカウント登録確認メールが送信されており、その本文にキーワードが記載されているので、確認しましょう。

 

 

実はさきほどメールアドレスで「アカウント作成」をクリックしたと思いますが、その際に「キーワードをご入力下さい」という画面が表示されていると思います。

 

 

ですので登録したメールアドレスに届いているキーワードをコピー&ペーストすればオッケーです。1文字ずつ手打ちでするのは入力ミスなども考えられますので、必ずコピー&ペーストで行いましょう。

 

 

なお、メールアドレスにはキーワード以外にも「登録専用のURL」が記載されています。「以下のリンクをクリックするかキーワードを登録するか」という説明となっているので、httpから始める文字列のリンクをクリックしてもOK。

 

 

どちらの方法でも構わない、ということですね。

 

 

続いて、キーワード入力に成功すると、ご利用規約などに同意を求めるダイアログボックスが出てきます。規約、プライバシーポリシー、仮想通貨取引のリスクについて、自分が米国居住者でないこと、取引時交付書面について、4つそれぞれにチェックボックスがあります。

 

 

ちょっと面倒かもしれませんが全てを確認と理解した上でチェックしてください。以上で一応はアカウント作成は完了です。しかし、これはただ登録をしただけの状態ですので、仮想通貨の購入などは現在の状態ではできないのです。

 

 

理由としては口座開設は2種類あり、ウォレットクラスとトレードクラスに分かれています。上記の作成が完了がした段階では、アカウントクラスはウォレットクラスとなります。

 

 

仮想通貨の購入が目的な場合など投資のための機能を利用するには、トレードクラスへのアップグレードをしなければならないのです。ここまでしないと、アカウントをちゃんと作成したことにならない人も多いでしょう。

 

 

ビットフライヤーのアカウントクラス

 

 

では現在の状態から変更をする方法ですが、これも簡単に行うことができます。

 

 

ビットフライヤーでトレードクラスにするには

 

トレードクラスにするには、本人情報の登録、本人確認資料の提出、取引目的の確認、転送不要の書留郵便の受取、これら4つの要件を満たす必要があります。

 

 

ちょっと難しそうに思えるかもしれませんが、とても簡単。ビットフライヤーにログイン後、ホーム画面右にあるそれぞれの項目をクリックしてから作業を進めていきましょう。

 

 

まず、本人情報の登録は自分の名前や住所などの個人情報を入力すればオッケーです。これはすぐに完了できるでしょう。次に、本人確認資料の提出ですが、提出する書類を選んでスキャンまたは撮影したデータを送信する必要があります。

 

 

例えば本人確認の為に免許証などを提出したい場合は、スマホで撮影してアップロードをする、という流れになりますので撮影データの転送などにちょっと手間がかかるかもしれません。

 

 

こう聞くと面倒そうに感じてしまうかもしれませんが、ページの指示通りにすれば、作業自体はそこまで難しくはないはずです。特にスマホなら撮影したデータをそのまま添付できるので、PCに取り込む必要がないのが便利ですね。

 

 

他の項目なども簡単。取引目的の確認などもいくつかのチェックボックスにチェックすれば終了なので、これは簡単ですね。また、転送不要の書留郵便の受取で、これは実際届くのを待つしかありません。

 

 

おおよそ3営業日後には届いていると思われます。ここまでして、晴れてトレードクラスとなります。やっと待ちに待った仮想通貨を始めるぞという感じですね。

 

 

以上、ビットフライヤーのアカウント作成手順を見てきました。単に作成するだけならば、メールアドレスを登録するだけなのでそこまで手間はかからないでしょう。

 

 

ただ、仮想通貨の取引をしようと思ったら、トレードクラスまできちんとアカウントをアップグレードしなければ始まりません。ちょっと面倒かもしれませんが、仮想通貨を十分に利用するためには少しだけ我慢したい所ですね。